ソロ日和


素手でP鯖を練り歩く
by zilch_moni
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

僕の仲間だと思う


なんの気もなく、ふとデカイ岩のテッペンを見上げたら、


e0134164_5584094.jpg



何かがいた。
何かいるという事は、登る方法があるという事であって、
興味をひかれた僕は、


e0134164_61681.jpg


e0134164_613190.jpg



ピョンピョンと試してみると、


e0134164_621293.jpg



登れる箇所を発見。
ワクワクした気持ちを抑えつつ落ちないようにテッペンに登ると、


e0134164_63314.jpg



異端者がいた。この名前にものすごく親近感を感じた僕は、


e0134164_644966.jpg



蹴って


e0134164_652343.jpg



血反吐を吐かせてみた。血は赤いようだ。


e0134164_67696.jpg



挨拶で蹴っただけだったが、異端者は痛かったのか攻撃をしてきたので、


e0134164_610669.jpg



始末した。
なんとなく強いと思っていたが、アッサリ死んでしまいました。
いいアイテムを期待していたけども、


e0134164_6114577.jpg



シケてやがる。

少しすると、


e0134164_6123429.jpg



今度はオッサンが現れた。
ムシャクシャしていたので、


e0134164_6132934.jpg



殴った。


e0134164_6135169.jpg



殴ったら急に侘びを入れてきたので、心優しい僕は


e0134164_6145088.jpg



始末した。


e0134164_618843.jpg



何か持っていた。
へへ。悪いね。手袋はもらってくよ。

その後、服とか落とすんじゃないかと思い何人か倒してみたけど、何も出てこなかったので、


e0134164_6191814.jpg



帰ることにした。
ここはまた来よう。もしかしたら服やフードが出るかもしれない。
[PR]
# by zilch_moni | 2008-02-28 06:29 | MOE